馬が大好き。競馬に乗馬にって馬のつくものならなんでもOKな私です。当たらない競馬予想も少々。(笑)
東京競馬場のお隣に住んでしまったことからはまった競馬。そして乗馬。 お引越ししてからすっかり遠のいたけどまた競馬始めちゃいましたぁ♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人間の弱点とされるアキレス腱
ではこのアキレス腱は飛節の上になるので、故障を起こす場所ではありません。
その代わりは人間では故障を起こさない第三中手骨(掌で中指に繋がる骨)についている三種類の腱がアキレス腱(弱点)になります。

のこの三つの腱は浅屈腱、深屈腱、繋靭帯で、この三つがバランスよく機能することで球節を支えています。

の肢が地面に着地する時には繋靭帯が緊張し、浅屈腱がこれを支える働きをします。

そして肢が地面から離れる時は深屈腱が緊張し、ほかの二つの腱がゆるむという仕組みになっています。

これらの腱は多数の腱原線維からできていて弾力性に乏しいため、度重なる激しい衝撃によって腱線維の部分断裂が起きることがあります。
これが「屈腱炎」です。
過去、強い競走馬がこの屈腱炎にどれだけ競走馬生命を絶たれたかを考えると、早く走る強い馬ほど屈腱炎のリスクに付きまとわれることがよくわかると思います。

腱線維を損傷すると、その部分が腫れて熱を帯びて痛みます。
悪化すると肢を着く時には行をするようになります。

屈腱炎の治療は、完全な休養と患部の冷却、蹄鉄の高さを変えたりして傷んだ腱の負担を軽くする装蹄療法などがありますが、それらは全て一時的な治療です。
一度切れてしまった腱線維は修復しにくいので、強い運動を行うと再発する可能性が高いです。

屈腱炎競走馬の職業病とよばれるのはこういう理由からで、毎年1000頭以上の馬がこの病気にかかっています。
屈腱や繋靭帯は競馬のレース中に強い外力が加わり、過度に伸張することで断裂することがあるからです。

強い馬ほど屈腱炎にかかるリスクが大きくなるなんて皮肉なものですね。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
((っ`・Å・)σディープは丈夫でしたね~
柔軟だったのかなぁ?

さぁて!土曜競馬でもがんばろv-91
口座がさみしぃ・・ピンチv-15
2006/12/09(土) 12:17 | URL | ((っ`・Å・)σフレディ #-[ 編集]
フレディさん、こんばんは♪
土曜競馬はいかがでしたかぁ?
私は土曜日から実家に帰ってて昨日の夜戻ってきました。
今週はお馬はお休みで来週の有馬記念に全てを賭ける!状態ですぅ。(笑)
2006/12/14(木) 19:13 | URL | コルティ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oumaouma.blog75.fc2.com/tb.php/55-88319e7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
馬が大好き。競馬に乗馬にって馬のつくものならなんでもOKな私です。当たらない競馬予想も少々。(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。